樹木葬のトラブルはお手入れ

樹木葬のトラブルはお手入れ

樹木葬のトラブルはお手入れ 葬儀スタイルで人気を集めるのが自然に還る樹木葬ですが、比較的新しい埋葬の形だけにトラブルが起こることもあります。注意をするべきことの一つは従来のような、墓標と墓石のスタイルではなく樹木を採用している点です。葉の部分を切り落とす樹木ですが、命あるものですから当然成長をして大きくなります。スクスクと大きくなりますので、樹木葬を選択するのであれば、その後は常にお手入れという管理が必須です。
なぜこのスタイルを選ぶかというと、遺族に負担をかけないためだとか、お墓をこれから引き継ぐ人間がないなど、様々な理由が個々にあります。だからこそ樹木なら大丈夫だろうと考えがちですが、選んだあとはキチンと管理をしなければ荒れてしまうのは仕方のないことです。周囲には雑草が生えるので草取りも必須ですし、落ち葉も落ちるのでそのままにはできません。お墓のスタイルとして、お手入れがしにくいのも樹木葬であり、管理という点でトラブルになりがちです。

樹木葬の管理と注意点とはどういったことか

樹木葬の管理と注意点とはどういったことか 樹木葬は手軽で、様々な植物を墓標に見立てることができると思うことが多いですが、実は霊園はメモリアルパークによって植えられる樹木が決まっていることが多いです。これは樹木葬を提案している霊園の場合、多くは管理も一緒に行っていますが、植物が決まっていないと手入れが大変ということが理由の一つとしてあげられるためです。
個人的に樹木葬を行う場合も注意する点があります。まず、勝手に好きなところに埋葬することはできないことがあげられ、さらにもし埋葬することができても剪定をしたり、害虫の駆除を行ったりと頻繁に管理する必要があります。従来のお墓とは違った、新しいスタイルではありますが、これらの注意を守る必要があり検討をする場合はこういったことも含めて行わなくてはなりません。
さらに樹木葬は一度埋葬してしまうとお骨を再び掘り出す、ということは困難になります。そのため行う際には親族などとしっかり相談をしてのちにトラブルにならないようにします。