樹木葬の人気の理由

樹木葬の人気の理由

樹木葬の人気の理由 かつては、遺骨は墓地に埋葬することが一般的でしたが、葬儀や埋葬に対する考え方は時代とともに変化しており、最近は墓地や墓石を持たずに樹木葬や海洋葬などの自然葬を選ぶ人も増えています。
特に樹木葬は注目されていますが、その人気の理由も知っておきたいところです。
まず、墓地や墓石を購入する必要はありませんので、一般的なお墓よりも費用の負担が少ないということがあげられます。
そして、現在はお墓の後継者不足も深刻ですが、こうした埋葬なら後継者の心配をする必要がありません。
そして個別の埋葬はもちろん、合祀を選ぶこともできますし、親しい友人や可愛いペット達と一緒に眠りたいという希望を叶えやすいのも人気の理由と言えるでしょう。
自然葬では海洋葬が選ばれることも多くなっていますが、この場合は墓標もありませんし、船のチャーターなどの手間が掛かります。
その点、樹木葬なら墓標となる花や樹木があるのでお参りがしやすいというメリットもあります。

樹木葬の人気が高まってきている理由には自然回帰願望がある

樹木葬の人気が高まってきている理由には自然回帰願望がある 近年、終活として早めに自分が亡くなった後の事を準備するケースが増えていますが、そういった方々に樹木葬は人気が高まってきています。
従来は人が亡くなった後は先祖代々受け継いでいるお墓に入るという方法がよく使われていましたが、樹木葬は霊園の中に花や木といった植物が植わっているスペースがあり、その区画に故人の遺骨を埋葬するという方法になっており、年々選ぶ方が増えています。
この埋葬方法は霊園や墓地によって多少やり方が異なるものの、桜やバラなどの植物の近くに遺骨を埋められるということで墓石の中に入るよりも温かく心安らげるイメージがある点が魅力です。
また、命が終わった後は自然に還りたいという願望を持つ方が増えていることも樹木葬が選ばれている理由になっています。
樹木葬には色々な形があり、その中には山林そのものを墓地として遺骨を埋葬したり散骨する里山型という方法もあります。
最近の日本では環境問題への関心が高まり、自然と共に生きることが大切なことだという考え方が広まってきているため、これからますますこの方法での埋葬を選ぶ人は増えていくのではないでしょうか。