最新の樹木葬情報まとめ

樹木葬のデメリット|親族の理解が得られない場合がある

樹木葬のデメリット|親族の理解が得られない場合がある 樹木葬では、樹木の下や芝生・草花が植えられている場所に故人の遺骨が埋められています。
そのためお参りは、漠然とした一画に向かって手を合わせるという形になります。
従来のように、墓石があたかも亡くなった人であるかのように話しかけることは難しくなります。
また樹木葬は、代々子孫が維持管理していくものではありません。
遺族が樹木葬を選んだ時、デメリットとなるのはこういった新しい弔い方を認めない保守的な親族の理解が得られないことです。
これでは十分お参りできないとか、これがお墓かと遺族が非難されることは珍しくありません。
近年散骨を始めさまざまな葬祭の形式が出てきているだけでなく、葬儀やお墓をできるだけシンプルにしたいという故人や遺族の考え方もあります。
弔い方で最も大切なことは亡くなった人を思う気持ちですが、その形は人によって少しずつ違います。
樹木葬を行なうにあたっては、あらかじめ反対しそうな親族には丁寧に説明しておくことが必要です。

周囲の人々に反対されやすいのが樹木葬のデメリットです

周囲の人々に反対されやすいのが樹木葬のデメリットです お墓ではなく樹木葬を選ばれる年配の方々が増えて来ており、関連するサービスも増加しています。
樹木葬は既存の考え方に囚われていない新しい最期の形です。
医師のお墓ではなく生き生きと成長を続ける樹が、その代わりを果たしてくれます。
サービスによっては色々な樹木をチョイスする事ができ、綺麗な花を咲かせたり、永遠と成長を続けて巨大な樹木になって子々孫々、語り継がれるなどの夢が実現するでしょう。
ただ樹木葬にはデメリットがあります。
まだまだ日本の国は先祖代々の墓地に入る事が一般的で、自分が強く希望しても周囲の人々からは理解を得づらい事が多いです。
大多数の樹木葬を請け負う専門会社は誠実に請け負っていますが、ごく一部に管理が杜撰であったりいい加減な手入れをして、肝心の木々を枯らしてしまう事例があります。
加えて管理会社がある日突然倒産してしまうと、残された遺族の方々にその負担が丸ごと重くのしかかるのが隠れたデメリットです。