最新の樹木葬情報まとめ

樹木葬のデメリット|遺骨が土に紛れてしまう

樹木葬のデメリット|遺骨が土に紛れてしまう 樹木葬はサクラを初め、サルスベリ、アジサイやハナミズキなどの植物の根の周辺部分に遺骨を埋葬して供養する葬儀の総称です。
代表的な植物以外にも、樹木葬を行う場所に応じて可能になるケースが多くあります。
仮に、桜の木を選んだ場合には、墓標は桜の木になり、墓標のことをシンボルツリーとしてお参りに来た人の目印になるわけです。
桜の木の下には故人が眠っていると思えば、安堵感もあるのではないでしょうか。
一般的な墓地の場合には、墓石の下に骨壺を設置することが出来るスペースが用意されていますが、樹木葬の場合には骨壺から遺骨を出して埋葬する形になります。
そのため、土と骨が混ざってしまう、故人の形が失われてしまうデメリットがあるわけです。
但し、骨を土の中に埋めると言うことは、骨が土に還るようにする、人の体は死を迎えた後は土になる、と言われているなどからも、決してデメリットではなく本来の姿であると考えることも出来るわけです。

樹木葬のデメリットは遺骨の回収が難しい場合もあります

樹木葬のデメリットは遺骨の回収が難しい場合もあります 近年は終活の一環として、自らが眠るお墓のことを生前から準備しておきたいという人が増えています。
その中で注目を集めている埋葬法が、樹木葬です。
墓石の代わりに桜や紅葉などの樹木を墓石代わりにするお墓であり、基本的に永代供養になっているため子孫にお墓の管理の負担を負わせることがありません。
一言で樹木葬と言ってもその種類は数多く、寺院や霊園によって様々あります。
そこで樹木葬のデメリットとして覚えておきたいことが、他人の遺骨と一緒にまとめて埋葬する合祀タイプの樹木葬では、後から遺族が遺骨を回収したいと望んだ場合でも、回収することが困難だということです。
合祀タイプは比較的安価ではありますが、他人の遺骨と一緒に埋葬されることに抵抗がある人はもちろん、家族が合祀に反対している場合は個別埋葬タイプを選ぶという選択肢もありますので、自らや家族が納得できるタイプの埋葬法を選びましょう。
そのためにも寺院や霊園に見学に行き、それぞれの特徴を把握することが大切です。