適当に行うと法律違反になる

適当に行うと法律違反になる

適当に行うと法律違反になる 樹木葬のデメリットの一つは、適当に手続きをすると法律違反を指摘される場合があることです。樹木葬で生前気に入っていた木の下に故人の遺骨を埋めたい場合は墓地埋葬法とよばれる法律や、木のある場所が行政区域に含まれている自治体の条例にしたがって行う必要があります。
日本国内で樹木葬ができる所はすべて、一般の墓地や納骨堂と同じように墓地埋葬法に基づく許可を取得した上で運営されており、樹木葬を執り行う場合は許可されている区画内で納骨や散骨を行わなければなりません。また、散骨を行う際は遺骨の形がはっきりとわからないように粉骨加工業者に依頼して遺骨をパウダー状にしておく必要があります。これは骨壷から単に遺骨を撒くだけだと、墓地埋葬法違反だけでなく死体遺棄罪にも問われる可能性があるためです。粉骨加工をしないのであれば、専用の骨壷や袋に入れたり、和紙で厳重に包んだ状態にしてから樹木の下に遺骨を埋めるようにしましょう。

樹木葬のデメリットとは?場合によっては維持費が高くなる点

樹木葬のデメリットとは?場合によっては維持費が高くなる点 樹木葬のメリットは、残された遺族の負担が減る点です。近年各地で問題になっているのが、墓守がいないお墓です。実家から遠く離れた山奥や不便な立地条件に、墓石を置くと足腰が弱った家族や多忙な子供たち世代がお手入れにいけません。

樹木葬であれば自宅周辺の空き地、あるいは庭先に広々とした空間があればそこで樹木葬をする事も可能です。そうすれば墓守の心配は不要ですし、設立のコストも不要で墓石のメンテナンス費用も要りません。

一方でデメリットも実は大きいため安易な決断は禁物です。例えば維持費が場合によっては高くなります。樹木はデリケートな物であり、未来永劫綺麗な状態で維持しようとすれば、多額の費用が掛かります。

更に災害が心配で、水害や地震などの自然災害に見舞われた場合、一気に倒れてしまうリスクもあります。いわゆる墓石であれば最悪壊れてしまっても復元は可能ですが、樹木葬の場合は残された遺族が、その後の対応に苦慮します。