管理がおざなりになる可能性

管理がおざなりになる可能性

管理がおざなりになる可能性 樹木葬は、木や花を目印としてその下に埋葬する方法です。墓石を建立せず自然を上手くいかした埋葬方法になります。この場合は、人口的に整備されていないので埋葬した所に草木がしげりやすいです。半年以上埋葬地を手入れしないと草木がとんでもない状態になる場合もあります。特に自然豊かな所に埋葬してあげようと考えて、山奥を選んでしまった場合は手入れが大変になります。

山奥の場合は、そこまでに行くのに時間が多くかかり、また、辿りつくまで長時間歩く必要があったりして墓参りがおっくうになるかもしれません。若い場合は問題ないかもしれませんが、齢を重ねて足腰が弱くなった場合はさらに大変です。山奥は雨などの影響を受けやすく足場が悪くなっていることも少なくありません。したがって、樹木葬は、管理がおざなりになるデメリットがあると言えます。その様な問題を解決するためには、街の中にある整備されていて立地が良い墓地・霊園で樹木葬を行うと良いかもしれません。

樹木葬のデメリットは運営の継続性に不安が残る点

樹木葬のデメリットは運営の継続性に不安が残る点 樹木葬という様式が世間で話題を集めています。日本人の大多数がお墓に入る様式を今までは選んで来ました。それが伝統だと信じていたためです。ただ実際は日本古来の方法でもなく、諸説ありますが仏教の方法でもない事が、最近は世間に浸透して来ました。また亡くなった後に妻や子供たちにお墓の手入れ等の負担をかけたくない、と切実に考える男性も増えて来ており、負担軽減のために樹木葬を選ぶケースがあります。

樹木葬は輪廻転生や永劫回帰などの日本人の価値観に合致する方式ですが、デメリットがあるのも事実です。例えば樹木葬のサービスの運営社が倒産したり、業務をやめてしまった場合、遺族の方々は途方に暮れます。別の運営会社に業務を完全に委託してから、最初の会社が倒産をしたり休業をすれば良いですが、悪質な業者の場合、何の連絡もなくその後のアフターサービスもなく本当に唐突に、管理が放棄されお墓代わりの木々が放置され、悲惨な結果に至ります。