最新の樹木葬情報まとめ

このサイトでは、樹木葬の素晴らしさに魅力を感じ、実際に検討している人に対して、事前に知っておくべきデメリットについての紹介を行います。
新しい形の埋葬方法であるために、従来とは異なる部分で遺族への説明などで困難を感じることもあります。
法律上の問題点もクリアにしなければならないこともあります。
実際にどのようなことが想定されるのかを知識として頭の片隅においておくことも重要です。
決断をするためには、よく検討して十分に納得をするというプロセスも必要と言えるでしょう。

樹木葬のデメリット

樹木葬のデメリット 自分の死後はお墓に入るものだという意識をもっている方がほとんどではないでしょうか。
共同墓地やお寺などに、先祖代々受け継がれてきたお墓を守っている人、自分や家族のために新しい区画を購入して準備を整えようと考えている人も少なくありません。
しかし墓地の区画は土地不足の傾向から特に都市部で高騰していたり、購入希望者が多く抽選で当選しないと購入できなかったりという問題点もあります。
そのために新しい形での埋葬方法を選択するケースも増えてきています。
樹木葬はその一つで、見晴らしの良い場所で開放感のある区画に、樹木を目印として散骨するという方法です。
埋葬の方法の価値観が変わりつつある現在は、樹木葬を希望するという人も珍しくありません。
遺族の賛同が得にくいなど、従来とは異なる方法ならではのデメリットはありますが、これから更に樹木葬を選択する人は増えていくことが見込まれています。

人気の樹木葬のデメリットと考えられるトラブルは

人気の樹木葬のデメリットと考えられるトラブルは 新しい供養の形として注目される樹木葬、費用や残された家族の供養の負担が少ないなど、メリットが大きいことが特徴です。
しかし、新しい供養方法ゆえのデメリットもあるのです。
従来の石のお墓には家の名前が刻まれていますが、樹木葬の場合は木や散骨された場所です。
お墓参りに行ったとき、木に手を合わせ拝んだとしても、墓参りの実感が得られないのです。
また散骨すると遺骨は土に帰ってしまうため、二度と取り出すことができないのも、デメリットといえるでしょう。
樹木葬には霊園の一部を使う公園タイプと、里山全体を墓地として使う里山タイプがあります。
大自然の中で眠れると人気の里山タイプは、たくさんの種類の自然木や花々が自生していますが、管理が滞ると墓地が草ぼうぼうに荒れてしまうトラブルも。
逆に公園タイプは自然に帰るというよりも、地味で味気なく感じてしまう可能性も。
まだ新しい葬法の樹木葬は親族の理解を得ていないと、将来的に家族間トラブルの原因になる可能性も含んでいるのです。
せっかく家族の負担を減らそうと考えた故人の意思も台無し、そうならないためにも家族の間でメリットとデメリットをふまえたうえで、事前に話し合っておく必要があるのです。

樹木葬の情報サイト

樹木葬の永代供養を依頼する